PCX125 vs NMAX125!比較!乗り心地はどっちがいい?長距離に強いのは?

      2018/06/05

スポンサーリンク

ついにYAMAHAが本気の125ccスクーター、「NMAX125」を発売しましたね。そのスタイルからPCX125を意識してるのはすごく感じますよね。

 

早速、そのNAMX125に試乗してきたので、そのライバルのPCX125と比較してレビューして、そして個人的な意見を言いたいと思います。

 

走行性能

この2台はもう125ccスクーターの走行性能の常識を遥かに超えていますね。走りがスムーズだし、音も静か、そしてあっという間に加速するエンジン性能。

 

通勤だけに使うのはもったいない気もします。週末にツーリングなど行く人にはオススメですね。

 

加速

NMAX125のエンジンは元気がいいです。スロットルを回せばちゃんとエンジンの回転数も上がり
しっかり走るイメージです。

 

本当に125ccかよ!?

 

と思わせるレベルです。

 

PCX125も負けてはいません。eSPエンジンは静かでスムーズに回るエンジンという印象です。あまりにスムーズ過ぎるので、いつの間にかスピードが出てしまうという感じです。

 

では、実際の数値で比べるとどちらの方が加速がいいのでしょう。

PCX125:8秒146(100mタイム)、21秒308(200mタイム)
NMAX125:8秒263(100mタイム)、20秒768(200mタイム)
※MoterFan’s参考

 

スタートはわずかにPCX125が、その後はNMAXが追い抜くというような結果ですね。

 

通勤においてはシグナルダッシュが重要になりますが、どちらも高次元の加速力なので全く問題ないですね。

最高速

試乗では最高速は試せないので判断できませんが、NMAX125の方が最高速は勝ってるんじゃないか?
という印象を受けました。

 

というのもエンジンがすごく回るからです。まだまだスピードがでるぞ!っと思わせてくれる力強さもあるんです。

 

一方のPCXはスピードを求めるというより、快適性とか乗り心地を重視してるような、そんなエンジン特性なんです。

 

感覚的なものなので乗ってみないと伝わりにくいですが、一度乗ってみたらきっとわかってもらえるかな、と思います。

 

では実際の最高速を比べてみましょう。

PCX125:102.3km/h
NMAX125:107.1km/h
※MoterFan’s参考

 

NMAX125の方が5km/hぐらい速いんですね。しかし、125ccスクーターで100km/h以上でるなんてすごいですね。

 

通勤においてこの最高速は全く必要ないですが、これが走りの余裕にもつながるとも思うので歓迎しましょう。

 

乗り心地

スポンサーリンク

PCX125の乗り心地は素晴らしいです。1クラス上の高級車に乗ってるような感覚になります。

 

あまりの乗り心地の良さに、試乗をしてることを忘れ遠くへ走っていってしまいそうな気持になりました。

 

NMAX125はPCX125と比べてしまうと、少し乗り味が硬い印象です。差別化をするために、あえてそうしてるのかもしれませんね。

 

シート

 

長い距離を試乗してないので、シートの善し悪しの判断は難しいですが、PCX125もNMAX125も座った感じに違和感はありません

店員さんいわく、

「PCX125のシートはお客様の声を反映して滑りにくい素材になってるんですよ」

とのこと。

僕にはその滑りにくさがわかりませんでしたが、乗ってて不満がないといレベルですね。

 

タイヤ

タイヤの大きさ、太さは気になるポイントです。

 

PCX125は14インチという大径のタイヤが採用されてて、バイクをサイドから見るとカッコいいです。その一方で、前方や後方から見ると、

タイヤ細っ!

っと言わざるを得ません。

この大柄な車体にこの細さ、慣れるまでに時間がかかりそうです。

 

NMAXは13インチという珍しいサイズ。シグナスX SRより大きくてPCX125より小さい、絶妙なサイズではないでしょうか

 

また、PCX125と違いタイヤ幅が太いです。車体サイズにちょうどマッチしたタイヤ幅だと思います。

 

では実際のタイヤサイズを比較してみます。

PCX125:前:90/90-14 後:100/90-14
NMAX125:前:110/70-13 後:130/70-13
※MoterFan’s参考

 

見た目を重視するならNMAX125ですが、乗り心地や燃費を考えると、ややPCX125が有利ですね。

 

ステップボード

通勤においてステップボードは「フラットであるべき」と個人的には思ってるのですが、両車ともフラットではありません。

 

ステップの中心が盛り上がった形だと、足の置き場の自由度がなくなるばかりか、箱ものや灯油などの荷物も積めなくなります

 

しかし、その弱点を忘れさせてくれるくらいPCX125、NMAX125ともに足をしっかり延ばすスペースが確保されています。

 

長距離の通勤では足の疲れがたまりにくいでしょうね。

 

収納

PCX125、NMAX125ともに大柄な車体なのですが、なぜか収納力はそれほどでもありません

 

スタイル重視なのかもしれませんが、収納力が低いからリアボックスを付けるとなると本末転倒な気もしますね。

メットイン

初めてNMAX125のメットインを見た時はガッカリしましたよ。すっごい狭くて、これフルフェイス入るの?って。

 

一応、フルフェイスは入るみたいです。ただし、逆さまにしないと入らないという。。少し残念です。

 

PCX125のメットインは広くてたくさん物が積めそうな気がしますが、実は深さがなくて大した収納力はありません。ヘルメットと雨具を入れたら終了って感じです。

 

通勤に荷物をたくさん持ち歩く人は、リアボックスは必須ですね。

 

では実際のメットインの容量を比較してみます。

PCX125:25L
NMAX125:24L

 

ほぼ同じサイズです。ヘルメットが入らなければ、リアボックスを付けてそこに収納しましょう。僕はそんなことはしたくありませんが

 

通勤性能

長距離やバイパスなどの幹線道路を通勤することが多い方はPCX125、NMAX125とも最高に快適かなと思います。

 

一方で、短距離かつ道幅が狭く渋滞の多い道路を通勤する方は、あえてこの2車種を選ぶ必要はないと思います。

 

見た目のスタイルや走行性能に目が行きがちになりますが、自分の通勤経路に適したスクーターはどれか、しっかり考えておきましょう。

 

メーター

PCX125のメーターはデジタルとアナログがうまく配置されてて見やすいですね。

 

さらに時計平均燃費計が備わってるのは通勤ライダーにはありがたいです。

 

NMAX125はスポーツスクーターという位置づけからか、速度計が真ん中にボーンと配置されてます。

 

それでも、時計や瞬間燃費計など基本的な機能は当然備わっており、言うことはないですね。

 

個人的にはPCX125の方が見やすくて好みですね。

 

給油

NMAX125はステップフロアの真ん中付近に給油口が配置されています。給油キャップがむき出しの状態なので
手軽に給油できていいですね。

 

PCX125もステップの間の部分に配置されてます。給油キャップにカバーがしてあって、キーシリンダー横の
スイッチで開けることができます

 

個人的にはPCX125のようにカバーがしてあった方が汚れがたまりにくいですし、見た目もいいですよね。

 

1秒でも早く給油したい人はNMAX125のむき出しタイプがいいかもしれません。

 

では、燃料タンク容量を比較してみます。

PCX125:8.0L
NMAX125:6.6L

 

平均燃費から換算すると、PCX125の方が100kmくらい航続距離が長いみたいです。週末に長距離ツーリングする人はPCX125がオススメです。

 

取り回し

両車とも125ccスクーターにしては車体が重いので、取り回しは悪い方だと思います。

 

特にPCX125はフロントカウルが幅広いので狭い道を押して歩くのは不利な気がします。

 

重量を比較してみます。

PCX125:130kg
NMAX125:127kg

 

NMAX125がやや軽いといったところです。実際に車両を押してみた感覚でもNMAX125の方が軽いかなという印象です。

 

ハンドル幅

すり抜けをするライダーにとっては、両車ともハンドル幅は広めなので不満に思うかもしれません。

 

PCX125に関しては絶妙なハンドル位置なので、幅広なことを感じさせません

 

なによりすり抜けをするような走りではなく、車の流れにゆったり乗って走るというような大人な乗り方をしたくなります。

 

一方でNMAX125は山を走りたくなる、コーナーを攻めたくなるようなハンドルです。こちらも全く不満のないレベルです。

 

ハンドル幅を比較してみましょう。

PCX125:1930mm
NMAX125:1955mm

 

以外にもPCX125の方がハンドル幅は狭いんですね。

 

以上が比較レビューになります。

 

どちらも完成度の高いです。通勤よりツーリングに向いてるスクーターです。

 

乗り心地重視の方はPCX125峠でコーナーを攻めてみたい方NMAX125、がいいかな、と個人的には思います。

 

まずは試乗してみてください。本当によくできたスクーターですから。

スポンサーリンク


 - 比較レビュー