アドレスV125Sの新型はいつ発売?2017年?ついに12インチ化か?燃費や加速は?

      2017/11/12

スポンサーリンク

通勤バイクといえば「アドレス」を思い浮かべますが、そろそろモデルチェンジするんじゃないの?とネット上では色んな噂が出回ってます。

 

そこで今回は、アドレスV125Sの新型に関する情報をまとめ、さらに僕の個人的な意見を言わせてもらおうかと思ってます。

 

ただ、ここで記載する内容は全て噂レベルであり、スズキが公式に発表している情報ではないのでふーん、そうなんだぐらいで読んでいただきたいです。

 

新型アドレスはいつ発売される?

2017年の夏から秋に新型が発表されるのでは」との情報が有力です。

 

現行のV125シリーズが2017年に生産終了となるので、その後継機が新型になるという根拠らしいです。

 

でもアドレスには110もあるので、すぐに新型を投入する理由もない気はします。

 

2017年8月にスズキを取り扱うバイク屋さんにいって、

 

「新しいアドレスって発売されるって噂聞いてます?」

 

と質問したところ、

 

「いや聞いてない。アクシスZのことなんじゃない?」

 

アクシスZはヤマハですが。。。と思いながら、情報はまったくありませんでした。

 

ということは、2017年の夏~秋の発表はないんじゃないのかなと。個人的には焦って発売して失敗するより、時間はかかってもしっかりとした製品を作ってほしいなと思います。

 

タイヤはついに12インチ化か?

アドレスのタイヤといえば「10インチ」でコンパクトな車体がウリです。ただ、近頃はPCXやNMAXなどに代表されるようにタイヤの大径化が進んでいます。

 

14インチ:PCX、Dio110、アドレス110
13インチ:NMAX
12インチ:シグナスX
10インチ:アドレスV125S

 

Dio110が発売された当初は、アジアンテイストが強いそのタイヤサイズにカッコ悪いな~って思ってたんですが、最近は流行っていることもあり、それが主流になっています。

 

アドレスV125Sは軽量コンパクトなのがウリなので、順当にいけば10インチということになりそうですが、いまの流行に乗るのであれば、12インチが理想と考えます。

 

ネット上の噂では、前後タイヤとも12インチになる、とか前は12インチ、後は10インチになる、とか言われてます。

 

昔、スズキの50ccに「ZZ」というスクーターがあったのですが、これが前後12インチなんです。個人的にはZZを踏襲したスタイルで新型を開発してもらえたらいいのにと思います。

 

ステップフロアはやはりフラット?

スポンサーリンク

スクーターを選ぶ上で、足を置くステップフロアは重要なポイントです。V125Sはフラットで、かつステップ前方は斜めの傾斜になっているので足を投げ出すように座ることができ快適です。

 

しかし最近のスクーターは、この傾斜がない車種が多く足を真下にストンと置くような乗車姿勢になります。これが結構狭く感じてストレスになるんですよね。

 

すぐに慣れるという人も多いのですが、快適性を求める僕としては、やはり足を投げ出すタイプがいいです。

 

では新型はどうなんだというと、順当に「フラットフロア」になるだろうとの予想です。ただ、足を投げ出すことができる形になるのかは微妙です。

 

タイヤが大径化すればステップフロアの形も制限されるので、いまのV125Sの形が変わる可能性はあります

 

絶対に採用してほしくないのが、PCXやNMAXのような真ん中が盛り上がったステップフロアです。足の置き場の自由度が落ちるだけでなく、乗り降りの際に大きく跨がないといけないので、快適性は損なわれます。

 

ツーリングをメインに使うのであればそれもありですが、通勤を快適にする、という点でいけば絶対にフラットフロアです。

どんなデザインになる?

現在の有力な情報では、

 

ホンダのリード125のような丸みのあるデザインとなる

 

とのことです。

 

リード125は前12インチ、後10インチと、新型アドレスの情報とマッチする点も信ぴょう性がありそうな気がします。

 

また、今後はABSやCBSの装備が義務化されるので、現行のV125Sよりサイズは大きくなるとのことです。
いまの車体が小さすぎるくらいなので、少し大きくなるのは歓迎ですね。

 

ただ、PCXやNMAXのようなサイズにはなってほしくないですね。通勤だけで使うには大きすぎるし必要性を感じないからです。

 

僕の通勤経路は渋滞が多く、また信号待ちを回避するためにエンジンを切ってスクーターを押して歩くこともあります。つまり軽快性は最重要なワケです。

 

V125Sのデザインは古さを感じるので、新型はその部分をカバーしていってほしいですね。

 

排気量は125ccなのか?

排気量については、意外な噂があって、

 

125ccと180ccが併売される

 

とのことです。

 

PCXやNMAXも150ccや155ccなどの少し大きめの排気量を設定していることから、アドレスの180ccもありな気がします。

 

もし2種類の排気量を設定するということであれば、それなりの車体剛性とサイズを確保しないといけません。
それは、180ccだと高速道路に乗れちゃうからです。

 

アドレスが高速道路を走るってミスマッチすぎて想像もできないんですが、そんな日が来るかもしれないってことです。

 

僕としては125cc一本に絞ってほしいですね。通勤で高速道路を使う人はいるかもしれませんが、多くは一般道のみのユーザです。

 

高速道路を走るためにアドレスの軽量性が損なわれるのであればそれは受け入れられないですね。通勤快速というコンセプトは忘れないで開発してほしいものです。

 

燃費や加速はどうなる?

新型アドレスは「燃費重視」になるとの噂です。

 

アドレス110で採用されているSEPエンジンの125cc版となるとの見方が有力です。

 

燃費は50km/lぐらいになるのではとのこと。

 

個人的には、燃費はそんなに重視してないので燃費が良くても悪くてもどちらでもいいのですが、加速が悪くなるのであれば、あまり歓迎できないですね。

 

V125Sはモデルチェンジする度に加速が悪くなっています。速くなくてもいいので、スロットルを回した分だけ
ちゃんと加速する感覚を残しつつ、加速と燃費のバランスをとってほしいですね。

 

海外版を改良して新型を出すかも?

スズキが海外で販売しているスクーターを日本用に改良して新型アドレスとして発売するという噂もあります。

 

有力なのが台湾スズキの「NEX125」です。

 

メットインが32Lの大容量USBソケット付きツインリアショック。スタイルも悪くない。これをベースにすればいいんじゃない?って本気で思いました。

 

以上、いろいろな情報をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

 

僕自身、アドレスV125Sのオーナーなので、新型アドレスにはかなり期待しています。

 

現行の良いところは残しつつ、さらに進化したアドレスが登場することを楽しみにしています。

 

ついに新型アドレスの写真が公開?


新型アドレスと噂されている画像

新型アドレスの情報をネットで探していると、

 

海外サイトで新型アドレスらしき画像を発見!

 

との噂が。

 

胸を高鳴らせ、恐る恐る画像を見ると、

 

カッコ悪~~~!!!ないわ~!

 

と素直に思いました。

 

アドレスとリードを足して2で割ったようなデザイン。アクシスZにも似てるというか。

 

タイヤサイズは噂どおり、前12インチ、後10インチのようなので信ぴょう性はありそうですね

 

これ、本当に日本で販売されるのでしょうか?冗談だと言ってほしい。

 

新たな情報を待ちましょう。

スポンサーリンク


 - スズキ